【中山9R・ハナズレジェンド】デビュー戦から10戦連続で複勝圏内をキープした堅実派だったが、近4戦は〈0、0、0、4〉。現級2着の実績があるだけに、原因は体調面だろう。放牧で立て直した前走も6着。まだ時間がかかりそうだ。

 【中山10R・ペイシャバラード】これまで馬券に絡んだ7戦は福島と新潟。中山、東京は〈0、0、0、3〉と結果を残せていない。理想は平たんコース。中山は一枚割引だ。

 【中山11R・クリンチャー】速い追い切りは正味2本。今週の動きは及第点だが、過程を見る限りでは仕上がり途上と考えるのが正解だろう。賞金的に菊花賞への出走はほぼ当確。ここは叩き台の可能性が高く、強気には推せない。