「ボクシング・東洋太平洋スーパバンタム級タイトルマッチ」(13日、後楽園ホール)

 “リングの仕事人”大竹秀典(金子)が丸田陽七太(森岡)を3−0の判定で下し、2度目の防衛に成功した。大竹は30勝(13KO)2敗3分、丸田は5勝(4KO)1敗とした。

 リングサイドでテレビ解説したIBF世界スーパーバンタム級王者の岩佐亮佑(セレス)は「大竹選手の良さが出た試合でしたね。攻撃に強弱をつけて見栄えがよかった。きょうは大竹さんの日だった。丸田選手は最終ラウンドで見せた攻撃を中盤からできたら」と感想を口にした。

 丸田が試合中に左拳を負傷したと聞くと「それでもいかなければいかない。今日の経験をどう克服するかでしょう。必死さ、力強さが足りなかった」と指摘。それでも「でも身長179センチですか?この階級で、それはすごいですよね」と期待も込めた。

 試合後、大竹が「できるなら岩佐選手とやりたいですね。同じ階級にチャンピオンがいるわけですから」と対戦希望を口にしたことについては「そこは挑戦者決定戦を上がって来てほしいですね。日本人同士で盛り上がるから、というものではない」と話した。