日本ハム・斎藤佑樹投手(29)が13日、来季の課題に直球の精度向上を掲げた。秋季練習中の千葉・鎌ケ谷で「やっぱり、フォーシーム(直球)の精度が大事ですね」と語った。

 今季は1勝3敗、防御率6・75と低迷した。それでも、最終登板となった9月27日のオリックス戦では6回5安打2失点と好投。この登板で、カットボールやシュートをより生かすための「真っすぐの重要性」を改めて感じたという。

 この日はブルペン入りし、回転のいい直球を投げ込んだ。「今の状態を春まで持っていけるように。休んでいられない。投げない期間を作りたくない」。剛球復活を目指し、無休で自らを追い込んでいく。