新日本プロレスの棚橋弘至が8日、ツイッターを更新。この日、右膝の故障のため、11日の福岡大会まで、残りのシリーズの全戦欠場を発表したが、右膝は関節炎だったことを明かした。

 棚橋はツイッターでMRIの写真をアップ。「診断は関節炎。膝に水が溜まってました」と痛みの原因を公表。「激しい痛みが半月板を損傷したときの症状と似ていたので心配していましたが、半月板は異常なし。治療します。欠場になってしまい、すみません」とファンへ謝罪した。

 新日本は公式HPで棚橋の欠場を受けた変更カードを発表している。