元ラグビー選手でスポーツキャスターの松尾雄治が7日、TOKYO MXで放送された「バラいろダンディ」で、先日行われた星野仙一氏の野球殿堂入りを祝う会での大失態を明かし「すいませんでした」と謝罪した。

 番組では、松尾がコメンテーターとして出演。酒に酔った福岡県職員が結婚式場に侵入し建造物侵入の疑いで書類送検された話題を取り上げた。酒に酔っての行動だったことから、阿部哲子アナから「松尾さんも先週行われた星野仙一さんの野球殿堂入りを祝う会で…」と聞かれた松尾は「あまりにも懐かしい方々に会って、舞い上がっちゃって」と失敗談を切り出した。

 松尾氏は星野氏のパーティーで鏡割りのため壇上に上がったところ、同じ樽には北島三郎や青木功などそうそうたるメンバーが。「キタサンブラックの話とかで盛り上がっちゃって」と、司会者が話した鏡割りのタイミングを聞き逃し、「1、2、3、ハイでやんなさいと言ったらしいが、ぼくだけ1、2、3で思い切り野球のバットで粉々になるまで割っちゃって」と一人だけ1テンポ早く割ってしまい、鏡割りのタイミングを狂わせてしまったという。

 北島からは「人の話は聞くもんだよ」と注意され、青木からも「お前はバカか」とあきれられたといい「もう、死にそうだった。すいません」と改めて謝罪していた。