「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

 夜の公式練習が15日、江陵アイスアリーナの本番会場で行われ、多くのファンが集まったが、ソチ五輪金メダリストで男子66年ぶりの連覇を目指す羽生結弦(23)=ANA=や団体男子SP1位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は練習開始時間を過ぎても現れなかった。最終組6人でリンクに唯一姿を見せたのは、1月の四大陸選手権を制した金博洋(中国)だった。

 その金も、曲かけ練習中にスピンを回りながらまさかの鼻血。ティッシュを鼻に詰め、そのままステップを踏んだ。華麗な足裁きとは裏腹に、鼻にはティッシュとシュールな光景が続いた。曲かけが終わると、金も練習時間を約20分残し、リンクを後に。会場からは大きな拍手が送られた。