「DeNA−巨人」(17日、ハードオフエコスタジアム新潟)

 巨人が10試合ぶりに先取点を奪った直後、すぐに逆転を許した。

 三回、2死。先発の山口俊が大和に中前打を浴び、流れが一変した。筒香を歩かせて一、二塁とピンチが広がり、ロペスには初球を仕留められて左前適時打で同点。宮崎には2ボールから右前適時打を打たれ、勝ち越し点を献上した。

 三回の攻撃ではゲレーロが左翼席へ2号ソロ。先制して主導権を握ったかと思われたが、あっさり流れを明け渡した。