「広島−ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

 広島が田中広輔内野手のこの試合2本目となる適時打で再び勝ち越した。

 4−4の四回、先頭の会沢が左翼線へ二塁打、薮田がバントで送ると、1死三塁の好機で田中が鮮やかに一、二塁間を破った。

 「打ったのは抜けたカットボールかスライダーかな。またチャンスを作ってくれたので、必死に打ちました。抜けてくれて良かったです」

 田中は二回の第2打席でも右前へ2点適時打を放っており、3打点目となった。