「エンゼルス0−2アストロズ」(16日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)は前日に続いて「2番・指名打者」で出場し、サイ・ヤング賞投手の先発右腕・バーランダーの前に4打席ノーヒット。連続試合安打も4で止まった。

 大谷は初回1死走者なしで迎えた第1打席は、空振り三振に倒れた。第2打席は四回、先頭で迎え、カウント1ボール2ストライクからの5球目チェンジアップを打って二ゴロに終わった。

 六回2死走者なしでの第3打席は、直球見逃しストライク、変化球に空振りであっという間に追い込まれ、スライダー2球が内寄りに外れてカウント2ボール2ストライクからの5球目のスライダーはファウル。6球目の155キロの外側直球に空振り三振に倒れた。九回の第4打席も3球三振。

 バーランダーは、サイ・ヤング賞1回、メジャー通算192勝を誇る右腕。今季はここまで4勝2敗、防御率は両リーグ1位の1・21だったが、この試合ではエンゼルス打線を5安打完封で5勝目を挙げた。

 試合前には先発する20日(日本時間21日)のレイズ戦に備えて、ブルペンで20球を投げて調整。全体練習がなかったため、フリー打撃は行わなかった。

 大谷は今季、打者として21試合(代打3試合)に出場し、チーム最高の打率・342、5本塁打、16打点。