「大相撲名古屋場所・4日目」(11日、ドルフィンズアリーナ)

 横綱白鵬(33)=宮城野=が11日、日本相撲協会に「右膝蓋腱損傷、右脛骨結節剥離骨折の疑いで2週間の安静を要する」との診断書を提出し4日目から途中休場した。休場は2場所ぶり9度目。

 2日目の正代戦前、支度部屋の床に貼られたビニールテープに足を滑らせ、右膝を負傷。3日目の琴奨菊戦後に悪化させ、この日朝、痛み止めの注射を打った。ギリギリまで出場を模索したが痛みは引かず。午後2時、横綱から連絡を受けた師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)が審判部に届けを持参した。

 4場所ぶり41度目の優勝へ3連勝と上々だった。親方によれば横綱は「せっかく良かったのに」と残念がっていたという。今年は3度目の休場。「年齢的なものはある」と親方も衰えを指摘した。

 一方で遅すぎる届け出は不興を買った。休場は審判部が翌日の取組を決める会議が始まる午前11時までに届けるのが通常。すでに5日目の取組は組まれており審判部は割り直し作業に追われた。阿武松審判部長(元関脇益荒雄)は「審判部から言わせていただいた」と師匠に注意を与えた。