暴力、パワハラ問題に揺れる体操の全日本シニア選手権(15日開幕)の前日練習が14日、試合会場の北九州市立体育館で行われた。リオ五輪代表の宮川紗江(18)からパワハラを告発された塚原光男、千恵子夫妻の息子で、朝日生命の塚原直也総監督(41)も姿を見せ、10月開幕の世界選手権(ドーハ)代表候補の杉原愛子(18)=朝日生命=らの練習を見守った。

 練習後、直也総監督は「お騒がせして、すいません」と謝罪。選手への影響も気掛かりだが「みんな集中して練習してこられた。影響はないと思う」と、強調した。杉原は平均台での落下も目立ち、涙する場面もあった。

 会見では大会と世界選手権関連以外の質問は禁止され、騒動に触れることはなかったが、杉原は「目の前にあるシニア選手権に集中したい。チームでいい雰囲気で試合ができれば。自分の演技に集中して、やってきたことを発揮できれば、結果はついてくる」と、前を向いた。