JRAは11日、19年度調教師および騎手免許一次試験(学科、筆記)の合格者数を発表した。現在、南関競馬で期間限定騎乗を行っている藤井勘一郎騎手(34)が唯一、騎手一次試験を突破。その一方で、外国人騎手として通年免許取得を目指したJ・モレイラ騎手(35)=ブラジル=は不合格となった。騎手二次試験は来年1月30日に実施され、2月12日に合格発表が行われる。

 騎手免許一次試験を唯一突破したのは現在、南関競馬で期間限定騎乗を行っている藤井勘一郎。11日に大井で「6回目にして初めてワンステップ進むことができました」と喜びを語り、「南関での免許期間(〜19年1月7日)終了後も時間があるし、気を抜かずに次の試験に向けて準備をしたい」と表情を引き締めた。

 JRA競馬学校の入学試験に合格することができず、17歳の時にオーストラリアで騎手デビュー。これまでシンガポール、マレーシア、韓国などで騎乗し、日本でも南関競馬やホッカイドウ競馬で期間限定騎乗を行いながら、騎手免許試験も継続して受験してきた。

 16年にはクリソライトでコリアC・韓国G1を、今年はモーニンでコリアスプリント・韓国G1を制すなど、JRA所属の日本馬でも結果を出している。“逆輸入”でのJRAデビューを目指す苦労人は「何とか受かってスタート台に立ちたい」と決意を語った。