暴力・パワハラ問題に揺れた体操女子日本代表は11日、都内で世界選手権(25日開幕、ドーハ)に向けた試技会を公開した。

 団体3位以内で東京五輪の団体出場枠を獲得できる大一番を前に、7月に右足首のじん帯を部分断裂した床の世界女王、村上茉愛(22)=日体大=は全4種目演技し、床でチームトップの14・100点をマーク。一時は全治3カ月と診断されたが、本番を2週間後に控え、なんとか調子を合わせてきた。まだ「痛みがある」というが、「不安なくやれてる」と前向きに話した。

 代表候補だった宮川紗江(高須クリニック)を巡る暴力、パワハラ問題が社会問題となり、塚原千恵子強化本部長が職務停止となるなど騒動が続いたが、選手は一丸。村上は「周りがどうなっても、やることは変わらない。何も気にせずにやる」と、力を込めた。