プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんが12日、TBS系「ゴゴスマ〜GoGo Smile」で離婚を生報告した。鈴木さんは昨年2月に小学校時代の同級生と結婚したが今年9月に離婚。わずか1年7カ月でのスピード離婚となった。

 鈴木さんは「ゴゴスマで結婚を報告して、皆さんにもお祝いして頂いたにも関わらず、こういうことになって、しかも報道で(ファンや関係者は知ったので)自分の言葉で報告しないといけない」と説明した。

 家事については最低限のことは出来るとしながらも「仕事もあって、妻として至らない部分はあった」と反省。そして「仕事ばっかりになっていたなとも思いますし、でも彼と出会ってスケートしか知らない中で生きてきて、色々学ぶことができた」と元夫に感謝。

 「将来、お互いが歩む道程がずれてしまった。話し合いは重ねたが、こういう結果になってしまったが、お互いの人生があるので。そこが歩み寄れない場合は、(今後の人生は)自分で歩んでいかないといけない」とも語った。

 フィギュア仲間には「会えて話せる人にはお伝えしたが、今朝の報道で知った人もいて、連絡をくれて。本当に申し訳なかった、こういう形でしかお伝えできなくて。あとはお仕事の方達にもご迷惑を掛けてしまった」と謝罪。「色んな経験させてもらい、彼には感謝」と、最後まで元夫に感謝を述べていた。