サッカー東海社会人リーグ1部に所属している鈴鹿アンリミテッドFCが12日、公式サイトで所属選手の不貞行為と、それに伴い「脅迫と受け取らざるを得ない行為」を受けたことなどを公表する異例の決断に踏み切った。

 クラブは同日、公式サイトに「ファンの皆様へ 弊クラブより重大なお知らせ」として経緯を公表。所属選手のDF藤井竜(30)が既婚女性と不貞行為に及び、その事実がその女性の配偶者である男性に知られたと発表。山岡竜二代表名義で経緯を説明し、藤井も謝罪コメントを掲載した。

 これによりアクセスが集中し、サーバーがダウン。以後、数時間アクセスできない状況が続いた。クラブは公式ツイッターで「サーバーダウンにより皆様にご迷惑をおかけし申し訳ありません」と謝罪した。