「日米野球、侍ジャパン7−6MLBオールスター」(9日、東京ドーム)

 第1戦が行われ、侍ジャパンは九回に五番・中堅で先発出場していた柳田悠岐外野手がMLBのキルビー・イエーツ投手から逆転サヨナラ本塁打を放ち、劇的な勝利を収めた。

 4−6で迎えた九回、1死から上林がヒットで出塁すると、秋山の三振の間に二盗に成功。続く会沢に適時打が出て1点差に詰め寄った。

 源田が代走に出て、なおも2死一塁と一発が出ればサヨナラの場面で、柳田が打席に入った。1球見送り1ボールから高めのボール球をフルスイング。バックスクリーンにはじき返した。

 稲葉監督も両手を上げて興奮する白星。ヒーローはお立ち台で「最高です!ミラクル。はい」と感激。打った瞬間に侍ジャパンベンチを指さし本塁打を確信していたことには、「ホームランかなと思ったので。良かったです。来た球を。当たる球をしっかり当てる。その中で自分のスイングをしようと思いました。シンプルイズベスト!ありがとうございます!」と上機嫌だった。

 ただ、3本塁打を放ったMLB打線に対しては「カッコイイっす。ホームランはね、全部、すげえなと思ったので。いちファンが守っていました。センターに」と敬意を表していた。