「全国高校サッカー選手権大会・準決勝、青森山田3(PK4−2)3尚志」(12日、埼玉スタジアム)

 尚志がPK戦で敗れ、福島県勢として初の決勝進出を逃した。

 準決勝では58大会ぶりとなる東北勢の対決。主導権を握っていたのは尚志だった。2年生エースの染野が、前半26分にセットプレーから先制ゴール。逆転を許してからも慌てることなく、染野が後半23分、同30分と立て続けにゴール。大一番でハットトリックを達成した。

 だが、土壇場で青森山田の粘りに屈した。後半41分、途中出場の小松にファーストタッチで同点ゴールを奪われ、勝負の行方はPK戦へ。2−4で敗れ、涙を飲んだ。

 決勝は14日。青森山田は2大会ぶりの優勝をかけ、瀬戸内(広島)−流通経大柏(千葉)の勝者と戦う。