日本サッカー協会(JFA)は14日、3月のキリンチャレンジ杯2試合の日本代表メンバー23選手を発表した。MF香川真司(29)=ベシクタシュ=が森保ジャパン発足後初めて招集された。FIFAランキング27位の日本は22日に日産スタジアムでコロンビア(同12位)、26日にノエビアスタジアム神戸でボリビア(60位)と対戦する。

 ロシアW杯以来となる代表復帰が決まった香川は同日、ツイッターを更新。「ワールドカップ以来の代表で地元神戸で試合ができる事、コロンビアとの再戦。何か縁を感じます。自分の経験や立場を代表に活かしていいスタートが切れるように全力をつくします」と意気込みを示した。

 ロシアW杯では、日本はH組初戦でコロンビアと対戦。前半3分に香川の突破からDFのC・サンチェスが得点機会阻止で退場となり、PKを獲得した。これを香川が決めて先制。香川のW杯初得点で勢いに乗った日本は2−1で白星発進を決め、ベスト16まで勝ち進んだ。