「全国高校野球選手権・2回戦、智弁和歌山7−1明徳義塾」(13日、甲子園球場)

 智弁和歌山(和歌山)が0−1と1点を追っていた七回に大会最多タイ記録となる1イニング3本塁打の猛攻で7得点し、逆転に成功した。阪神などプロ野球でプレーした同校の中谷仁監督は、明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督について語った。

 試合は明徳義塾の先発・新地に抑え込まれ1点を追う展開だったが、七回に7得点し、試合を決めた。

 しびれる試合展開となったが、中谷監督は馬淵監督については「最後の最後まで怖さしかなかった。立っているだけで威圧感があって、怖さしかなかったです」と恐縮していた。