「西武−ソフトバンク」(12日、メットライフドーム)

 ソフトバンクの“甲斐キャノン”が六回にさく裂した。

 勝った方にマジックが点灯するという首位攻防戦。お互いが得点できずに迎えた六回、ソフトバンク先発の千賀が先頭の木村に左前打を許し走者を出した。

 2者をアウトにし、打者は源田、一塁上には走者が入れ替わり俊足の金子侑という場面。投球を受けた甲斐が一塁へすかさず送球し、金子侑の帰塁を許さず、タッチアウトにした。