「DeNA−巨人」(12日、横浜スタジアム)

 巨人ドラフト1位・高橋優貴投手が6勝目の権利を目前に、無念の交代を告げられた。

 二回にソトにソロを被弾。それでも打線の援護を受け、5点リードで五回を迎えた。6勝目の権利がかかったイニングだったが、連打で1死二、三塁のピンチを招いたところで原監督が交代を決断。鍵谷がマウンドに上がった。

 二回終了後にはベンチに戻った高橋に阿部が厳しい表情で“喝”を入れる場面も。優勝争いが佳境を迎え、緊迫感漂う一戦でルーキーも奮闘したが、あと一歩で勝利投手の権利は逃した。