「ラグビーW杯・1次リーグA組、アイルランド−サモア」(12日、レベルファイブスタジアム)

 ラグビー国際統括団体のワールドラグビー(WR)とW杯組織委員会が10日、東京都内で会見し、台風19号の接近に伴い12日のニュージーランド−イタリア戦(豊田)、イングランド−フランス(日産)の2試合の中止を発表。引き分け扱いとなり、両チームに勝ち点2が与えられる。W杯の中止は史上初めて。

 現時点では福岡で行われるアイルランド−サモアが、12日に予定された3試合のうち唯一開催予定となっている。会見に臨んだアイルランドのジョー・シュミット監督は台風による不安を問われたが、「自分たちがやることは変わらない。日本−スコットランド戦(13日・横浜)については何もできないから、12日に自分たちがベストを尽くして結果を出すだけだ」とサモア戦に集中することを強調した。

 A組で突破の可能性があるのは1試合を残す日本(勝ち点14)、アイルランド(同11)、スコットランド(同10)の3チーム。アイルランドとしてはサモア戦が開催され、ボーナスポイント込みの勝ち点5を獲得すれば日本−スコットランド戦の結果に関係なく突破が決まる。一方で、中止も含めて勝ち点2以下に終わった場合は、スコットランド戦を前に日本の突破が決まる。

 フッカーのロリー・ベスト主将は「日本−スコットランド戦がどうなるか決まっていない。だから、ピッチに出て自分たちの試合をすることに集中できる」と目の前の一戦に全力を尽くす。