強化方針などを巡って選手と対立している全日本テコンドー協会の一連の問題を調査する外部有識者による検証委員会が9日、都内で金原昇会長への2度目のヒアリングが行った。直前には強化指定選手5人へのヒアリングも行われた。

 会長は一部で報じられた反社会的勢力との関係についても聴取された。金原会長は反社ではない証明として経営する会社の決算書、銀行からの借り入れ証明、ゴルフ会員権、保険証書などを提出。ヒアリングを終えた。「当然、私は反社ではありませんので、できる限りの資料を提出させていただいた」と自信を見せ「(調査は)公正にやっていただいていると思う。協会が良くなるための一歩。真摯に受け止めている」と、うなずいた。

 検証委の境田正樹委員長は「現時点では」と前置きした上で「法律違反も、スポーツ庁の定めるガバナンスコードへの違反もない。ハラスメントもない」とし、反社との“繋がり”についても「調べた限りでは客観的な証拠はない」と説明した。ただ、運営、財政面の問題から「道義的責任を問われるかもしれない」とし、「なければ今のままでいいかというとそうでもない。人の入れ替えは必要だと考えている」と、理事再任については含みを持たせた。