「オークス・G1」(24日、東京)

 2冠を狙うデアリングタクトは気負うことなく自分の形に徹する。道中は後方馬群の中で折り合いに専念。直線でスムーズに外に持ち出せれば、桜花賞で見せた異次元の末脚が黙ってはいない。

 打倒・桜花賞馬の可能性を抱かせるのは、前々でレースを引っ張る先行勢。単騎で逃げるスマイルカナを筆頭にアブレイズ、ミヤマザクラ、ウインマリリンといった重賞ウイナーたちが虎視たんたん。いずれも瞬発力勝負では分が悪い面々だけに、早め早めに仕掛けて行って押し切りをもくろむ。

 予想以上にスタミナを要求される流れになれば、リリーピュアハートの台頭も十分。