米大リーグ、タイガースは6月30日(日本時間7月1日)、10日に行われたドラフト会議で1巡目全体1位指名のスペンサー・トーケルソン内野手(20、アリゾナ州立大3年)と合意したと発表した。大リーグ公式サイトによると、契約金は841万6300ドル(約9億1000万円)だという。

 右打ちのトーケルソンは大学3年間で129試合、打率・337、54本塁打、130打点、出塁率・463、長打率・729、OPS1・192をマーク。メジャー屈指の強打者ミゲル・カブレラ内野手の後継者として期待されている。