「阪神3−7DeNA」(1日、甲子園球場)

 この試合、阪神・陽川1番というオーダーで始まった。これに関して、大いに疑問がある。

 近本は開幕からの不振があったとはいえ、バットコントロール、選球眼、そして何より走力において、チームでは出色だ。

 一つには、日替わりオーダーというものは、野手にとってどこを見つめながらプレーすればいいのか、焦点を絞りづらい。しっかりと、自身の役割を果たすことができるところに、各選手を配置した方が、能力を発揮しやすい。

 加えて“1番論”で言えば、近本以上にプレッシャーを与えられる選手が果たして阪神にいるかどうか。陽川の良しあしではない。相手が嫌がる野球として「近本1番」以上のオーダーは現状、思い当たらないのだが、どうだろうか。