「阪神−DeNA」(2日、甲子園球場)

 DeNA・梶谷が今季3度目の先頭打者本塁打を放った。

 岩貞の初球を捉えた打球は、快音を残して中堅左のスタンドに消えた。チームトップとなる9号に「いい感じで捉えることができました。風にも乗ってくれてよかったです。平良のために先制することができてうれしいです」と振り返った。

 シーズン3本の先頭打者アーチは2014年以来、6年ぶり。初球は2015年7月13日・巨人戦(横浜)以来、5年ぶり3本目となる。

 DeNA選手の初回先頭打者本塁打のシーズン最多は1977年・山下大輔、2007年・仁志敏久の各5本。