「広島5−0中日」(18日、マツダスタジアム)

 珍しいレフトゴロが記録された。

 中日は初回、1死一、二塁からビシエドの一打は左翼へのライナー。これを宇草が捕球体勢に入りながら、グラブに当ててポロリとこぼした。

 ハーフウエーにいた二塁走者・京田は二塁に戻りかけたが、あわてて三塁にスタートしたが、宇草はすぐにボールを拾って三塁に送球。フォースアウトとなった。