「都市対抗野球・1回戦、三菱自動車倉敷オーシャンズ3−1JFE東日本」(22日、東京ドーム)

 16年ぶり8度目の出場となった三菱自動車倉敷オーシャンズが開幕ゲームを飾った。先発した大卒1年目の広畑敦也投手が9回1失点完投。前年覇者で強打のJFE東日本を相手に快投を披露し、快勝へと導いた。

 ルーキーとは思えないほど堂々とした立ち居振る舞いで、王者に土をつけた。「緊張していたんですけど、調子もよかったので。それがずっと九回まで続けられた」。ピンチを迎えても笑顔は絶やさず。九回2死から最後の打者を遊飛に仕留めると、両手を突き上げて喜んだ。

 セットポジションから軸足にたっぷりと体重を乗せて投じる直球はうなりを上げた。「(スピードガンが)ちょっと速すぎなのかな」と苦笑しつつ、自己最速を2キロ更新する154キロを2度計測。「一番自信のあるボール」というカーブで緩急を駆使し、強力打線に的を絞らせなかった。

 日本ハムからドラフト6位指名を受けたJFE東日本・今川優馬外野手に対しては4打数無安打に封じた。「今川さんもすごい意識してくれていたと思うんですけど、勝負を楽しめた」と手応え。四回に不運な当たりを含む3連打で1点を失ったが、「最少失点で抑える」とギアを上げて傷口を広げなかった。

 最高の都市対抗デビューに「自信になりましたし、(球速を)アピールできたのでそこはよかったかな」と胸を張った。帝京大から社会人入りし、まだ1年足らず。解禁年となる来秋ドラフト候補に名乗りを上げた。