「尼崎センプルカップ・G1」(14日、尼崎)

 予選は3日目が行われ、丸野一樹(29)=滋賀・109期・A1=が、3、12Rを連勝。初日後半から快進撃の4連勝となり、得点率トップに立った。4日目は早くも予選最終日。準優勝戦のベスト18を懸けた激戦が繰り広げられる。

 丸野の勢いが止まらない。3日目は3Rを4カドまくりで快勝。12Rは、3コースから迫力満点のまくり差しを決めてバックで先頭に躍り出た。初日9Rからの連勝を4に伸ばし、リズムは絶好調。「舟が向いてからの進み方がすごくいい。行き足から伸びが良く、バランスが取れて上位」と圧巻の存在感を示している。

 昨年は、1月のからつ周年で自身2回目のG1優勝。今年も前節の児島一般戦で優勝と最高のスタートを飾り、自身3回目のG1制覇に向けて白星を積み重ねていく。