「男子テニス・マドリードオープン」(4日、マドリード)

 シングルス1回戦が行われ、世界ランク43位の錦織圭(31)=日清食品=が同23位のカレン・ハチャノフ(24)=ロシア=に7−6、6−2、6−2の逆転で勝利した。2回戦は世界6位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。

 第1セットをタイブレークの末に錦織。第2セット、第3セットはしっかり取り切って勝負を決めた。

 19年に世界ランク8位を経験している難敵を破り、ATPの公式ウェブサイトにもリポートが取り上げられている。

 今大会は「ATPマスターズ1000」という、グランドスラム(四大大会)に次ぐカテゴリーに位置づけられている。サーフィスはクレー(赤土)。錦織は14年に決勝まで進み、“赤土の王者”ラファエル・ナダルから第1セットを奪ったが、第3セット途中で途中棄権した。