「広島−巨人」(5日、マツダスタジアム)

 広島が痛恨の失点でリードを広げられた。七回、2死一塁。巨人・炭谷の打球は平凡な飛球だったが、中堅手の羽月が見失い、目の前にポトリ。その間に一塁走者が一気に生還した。

 強い日差しが照りつける中での一戦で、本来、内野手の羽月はサングラスをかけて守備位置についていた。記録は中前打となった。