「広島−巨人」(5日、マツダスタジアム)

 先発した広島の高橋昂也投手は6回4安打1失点で降板した。

 四回に坂本、ウィーラーに連打を浴び、1死二、三塁から中島の中犠飛で1点を失うも丸を二飛に抑え、傷口を最小限にとどめた。

 四球はわずか1つ。直球とカットボールを軸に巨人打線から6三振を奪った。

 1日の阪神戦は降雨ノーゲームとなり、中3日での登板となった左腕だが、その影響を感じさせない安定した投球を披露した。

 打線は6回まで無得点。援護に恵まれず、勝ち投手の権利は得られなかったが、先発としての役目は果たした。