「カタールW杯・1次リーグH組、ウルグアイ代表0−0韓国代表」(24日、アルラヤン)

 FIFAランク28位の韓国は同14位のウルグアイと初戦を迎え、勝ち点1を獲得した。アルゼンチンに勝利したサウジアラビア、ドイツに勝利した日本に続く、格上からの初戦勝利はならなかった。

 大会直前の顔面骨折で、フェイスガードを付けてのプレーとなった昨季のプレミアリーグ得点王にも輝いたエースFWソン・フンミンがソックスが破れるほどの徹底マークにあう中、前半、ファン・ウィジョに決定機があったものの決めきれず。その後もウルグアイと互角の試合を繰り広げたが、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。韓国メディア「スポーツソウル」によると、試合後、ソン・フンミンは「仲間たちがウルグアイと戦うことができる姿をみせてくれた。引き分けは残念だけど、まだ2試合あるのでよく準備する」と語り、「持っているものをすべて出せば16強に進出できる。すべてを注ぎたい」と、見据えた。

 韓国は次戦28日にガーナと対戦、ウルグアイは同日ポルトガルと対戦する。