日本ハム2年目の達孝太投手(18)が偉大な先輩のようにプロ球界に足跡を残すことを誓った。25日、鎌ケ谷スタジアムで自主トレ。天理高の先輩でもある門田博光氏の訃報に、「天理高校からプロ野球の世界に入ってきた人は活躍している人が多い。その流れをとざさないように頑張りたい」と話した。

 面識こそないものの、高校では既に伝説の人として語り継がれたという。「すごい選手だったって。野球に打ち込む姿とかは、誰よりもすごかったと言われていました。そういう人がプロ野球界でも活躍できる人なんだなと思って、自分は高校の時も今も練習しています」と振り返る。

 春季キャンプは2軍スタートとなったが、5日の1軍紅白戦に登板予定。「そこでしっかりアピールして、開幕から1軍にいられるように頑張りたい」と意気込む。「普通に投げて普通に抑えても、監督の目にはとまらないと思うので。ストレートだけで9球ぐらいで終われるイメージで入れたらいいなと思います」。門田氏と同じ、天理高の流れをくむ練習の虫は、全球真っすぐで3者連続3球三振を狙う。