フリーアナウンサーの宮根誠司が11日、MCを務める読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演。この日、フジテレビ「バイキング」で不倫報道について謝罪し、説明した「雨上がり決死隊」の宮迫博之について、「謝り方としては筋が通ってるな、と思います」とフォローした。

 9日の週刊文春で2人の女性と計3回のホテル宿泊が写真とともに報じられた宮迫は、金曜MCを務めるこの日の「バイキング」で、2人の女性とのホテル宿泊は認めた上で、「酒を飲んで寝てしまったので、一線は越えていない」と肉体関係は“未遂”に終わったと主張した。

 「ミヤネ屋」では、宮迫の発言を詳細に取り上げ、分析。宮根は「宮迫さんはやっぱモテるんですね」「(胃がんで)胃を3分の2取ってんのに、よう元気になりはった」などと感心した。

 宮迫が、報道された2人の女性とは「一生お会いすることはありません」と2度と会わないことを誓ったことにも、「会うてもいいでしょ、飲み仲間なんやから」と発言。ゲストのモデル・アンミカから妻の立場として反発を浴びた。

 この日の宮迫の謝罪、釈明については、「謝り方としては筋が通ってるな、と思いますけど」と感想。最後は「心機一転、頑張ってもらいたいと思います」と温かいエールを送っていた。

 この日の番組では「みんな(足元を)すくわれてるんですよ、いろいろと」とポロリとこぼした宮根。実は自身も2012年1月、週刊誌で“隠し子”を報じられ、発売翌日の「ミヤネ屋」で、「すべて事実です」と認め謝罪している。

 宮根は06年8月に結婚したが、それ以前の04年ごろに知り合った飲食店経営の女性との不倫関係は続き、女性は08年2月に女の子を出産。妻との間には11年5月に女児が誕生している。宮根は“隠し子”については認知していると説明していた。