女優・吉永小百合(72)、俳優・堺雅人(44)が15日、大阪市内で映画「北の桜守」(3月10日公開)の会見を開いた。

 吉永は映画出演120本目で、今作は「北の零年」(05年)、「北のカナリアたち」(12年)に続く、北の三部作の最終章となる。「北海道オタクと言えるくらい、北海道が大好きでして。北の三部作となりましたが、私の父は鹿児島なものですから、宮崎出身の堺さんには『なぜ南の三部作じゃないのか』と、とても嫌われています」とおどけて、笑いを誘った。

 「北海道の雄大な景色の中で演技をしていると、私もグレードアップするような感じがあり、この3作品はいい思い出になりました」と振り返った。

 今作で思い出に残った撮影地を聞かれると「網走の流氷ですね。流氷も結構なオタクなんです」と笑顔。4年前に初めて流氷を見て魅了されたことを明かし「2年くらい前に監督と一緒に流氷を見る旅に出て、撮影でもまた見て。来週くらいに上映会で網走に行く予定ですので、また見られるかもしれません」と心待ちにしていた。