第99回全国高校野球選手権大阪大会の組み合わせ抽選会が20日、大阪市内で行われた。

 昨夏の代表校で、今春センバツ準優勝の履正社は、初戦の1回戦で常翔啓光学園(14日、花園)と対戦することが決まった。

 抽選会に参加した若林将平主将は「ここに来る前から相手はどこでもいいと思っていた。相手は関係なく、目の前の相手とやるだけ。大阪代表になれるようにしたい。2年連続で(夏の甲子園へ)出られるのはうちだけなので」と言葉に力を込めた。

 履正社は今春センバツでは、初の大阪勢対決となった決勝で大阪桐蔭に敗れて準優勝。創部初の甲子園優勝を逃した。高校通算59本塁打を放ち、今秋ドラフト1位候補に挙げられる安田尚憲内野手(3年)を中心とした強力打線で悲願の日本一を目指す。