「高校野球大阪大会・2回戦、履正社8−0守口東」(17日、花園)

 今春のセンバツ準優勝校、履正社が2回戦で守口東に7回コールド勝ち。初戦から2試合連続コールドで3回戦に駒を進めた。

 今秋ドラフト1位候補の履正社・安田尚憲内野手(3年)は、二塁打2本を含む3打数3安打1打点(1四球)。松井秀喜に並ぶ高校通算60号を放った1回戦・常翔啓光学園戦(14日)の1打数1安打2打点(3四球)から全打席出塁で、打率10割をキープした。

 初回は好機を広げる中前打。2−0の五回は、無死一塁から右越え適時二塁打を放つと、六回は無死一塁から左越え二塁打で若林、今田の連続犠飛を呼び込んだ。

 「(初戦の本塁打で)気持ちに余裕が持てた」と安田。この日は早実・清宮が、高校通算105号となる満塁本塁打を放った。「これからも本塁打を打ち続けるでしょうね」とライバルの活躍を予想した主砲は、打率10割にも「まず大阪でしっかり勝ちたい。それから全国の舞台で活躍できるようにしたい」と足元を見据えていた。