「巨人−阪神」(10日、東京ドーム)

 巨人・内海哲也投手が先発し、6回8安打2失点で降板した。

 初回は2死二塁でロジャースを三ゴロに抑え、無失点で切り抜けた。だが、二回先頭の中谷に四球を与えると、鳥谷には右前打を許し一、三塁。1死後、梅野に左前適時打を放たれ先制点を献上。2死二、三塁では俊介に右前適時打を許し追加点を与えた。

 その後は三、四、六回と得点圏に走者を置いたが、粘りの投球で得点を与えず。代打を送られた六回にチームは同点に追いつき、勝敗は付かない形となった。