「フィギュアスケート・げんさんサマーカップ」(13日、滋賀県立アイスアリーナ)

 シニア女子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=はフリー132・08点、合計200・52点で優勝した。

 冒頭の3回転ルッツ−3回転トーループの連続ジャンプを加点がつく出来栄えで成功すると、「天使がテーマ」というフリー「ガブリエルのオーボエ」の世界観を披露。

 最後の3回転サルコーで転倒したが、今季初戦にして高得点をたたき出した。「あと1つでノーミスだったので、ミスが出たのは悔しかった」と三原。

 今回はアイスショーでも着用した淡い紫色の衣装で臨んだが「まだできていないので。本番は青の予定です」と予告した。