「DeNA−阪神」(13日、横浜スタジアム)

 プロ入り後初めての先発となった阪神の松田遼馬投手(23)が、二回に逆転を許した。3本の長打を浴びるなど、DeNA打線の猛攻を受けた。

 1点を先制した直後の二回だった。先頭の戸柱に右翼線へ運ばれ二塁打を浴びると、続く梶谷には9球粘られ四球を許し、無死一、二塁。1死を挟んで、9番・倉本への初球だった。直球をはじき返されると、右翼・中谷が捕球体勢に入るも捕ることができず。走者2人が生還する2点適時二塁打となり、逆転を許した。

 なおも続くピンチで、桑原には左中間を破る適時打を浴び、さらに1点を失った。それでも、後続の2番柴田は投ゴロ、3番筒香は三邪飛に打ち取り、この回を3失点でしのいだ。