フィギュアスケートで17年四大陸選手権女王の三原舞依(19)=シスメックス=について、指導する中野園子コーチが14日、岩手県盛岡市内で取材に応じ、体調不良で現在静養中と明かした。三原は7月末から行われたアイスショー「ザ・アイス」の出演を体調不良のために取りやめ、12日まで行われたげんさんサマーカップも棄権していた。

 13日に電話をした中野コーチは「少し良くなってきているが、体力がなくて食欲があまりない状態。入院したりはしていないが、まだお医者さんのOKが出ないので。今無理するのはよくない」と説明。エントリーしている9月のチャレンジャーシリーズ・ロンバルディア杯は欠場の可能性が高く「(10月の)近畿大会に間に合うように頑張りたい」と見通しを語った。