今年話題になった言葉に贈られる「2019ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞とトップテンが2日、発表され、年間大賞にラグビーW杯で史上初のベスト8進出を果たした日本代表の「ONE TEAM」が選出された。

 スポーツ界からは女子ゴルフ・渋野の「スマイリングシンデレラ/しぶこ」が「トレードマークの笑顔に加え、思い切りのいいプレーでファンの心をわしづかみにした」と、トップテン入りを果たした。

 また「選考委員特別賞」として、イチロー氏(46)=現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が3月の引退会見で語った「後悔などあろうはずがありません」が選ばれた。選考委員は「研ぎ澄まされた話し上手な人が、あえて文語めいた言葉で返した表現」と高く評価した。表彰式はともに欠席だった。