【7月26日】

 −終盤に追い上げ。

 「終盤のあれを早い内に出せるようにいきたいですね」

 −ウィーランドが初対戦だった。

 「つかみどころのないような投球だったですけど」

 −守備でお見合いがあった。

 「それはルーキーに守らせてる僕の責任ですから。ある程度ミスも覚悟して使ってるわけですから。そんなこと怖がっていてはいつまでたっても選手を使えないでしょう」

 −小野は?

 「立ち上がりはいいように見えたけど、デッドボールから投げにくさというのが出てきたのかなと思いますけどね」

 −勝てない状況だが今後は?

 「どうやろうね、下から(誰かあげる選択肢もゼロではない中)…まあ僕としては何か一つ、きっかけがあれば勝ちのリズムもつかめると思わせてくれるピッチャーですけどね」

 −高山はタイミングが合っていない?

 「ずっと合ってないね。これはもう、タイミングなんで。僕らがどうこう言うより、自分の中でやっていくしかない。打撃フォームとかはあれだけど、タイミングが遅いのは自分でリズムを作って思い出すしかないから」

 −福留や西岡が休みの時にやってもらわないと。

 「やってくれないとね。去年、ある程度1年経験してるんだから。打てない時の修正方法とか自分で見いだしていかないと。先には進めないですね」

 −2軍で調整させていく考えは?

 「どうだろうね。まだ分からん」

 −3位になったが順位というのは?

 「あと何試合あるんだ、って。残り5試合ぐらいになったらあせるけど」