【7月29日】

 −福留が決めた。

 「そうですね。まぁ、何というか…千両役者ですね(笑)」

 −休養がいい方向に出た。

 「休養が効いたんかな(笑)。でも前から言っているように、年齢も考えてある程度、休みを多くすればもっといいものが出てくると思ってたし」

 −梅野のバント失敗の直後だけに大きい。

 「流れ的にね。プラスで考えれば、(犠打成功で)一塁が空いて厳しいところを攻められるよりはね。超結果論ですけど、くみしやすかったのかなと。一塁が空いていれば俊介、上本と右が続くから、際どいところで歩かしもオッケーで来るからね。まぁバントの名手・梅野がね…。今までいっぱい決めてるから責められないけど」

 −俊介にも一発。

 「まさかと言ったら失礼ですけど、低めの難しいボールをうまくすくい上げてね。いい働きをしてくれている」

 −中堅組の活躍が目立っている。

 「それは去年、なかったものですからね。去年からすれば大きなプラスアルファですよね」

 −メッセンジャーも追いつかれはしたが、勝ち越しを許さなかった。

 「よく粘ったし。あそこでプッツン切れて、ダラダラ行くことがなかったし。そこはやっぱりさすが。褒めてあげないと」

 −リリーフ陣は安心して見ていられる。

 「本当にね。桑原なんか見下ろして投げているわね」

 −7月の勝ち越しが決まっているが。

 「明日、勝ったら貯金いくつ?きょうで3つか。まぁ明日勝てば目標の3つを超える。勝てるように頑張ります」