今日で高校野球、選手権の出場校が出そろうんかな。各地方大会で、一番の注目を集めたんは早実の清宮やったけど、西東京大会の決勝戦で敗退、ということになった。

 甲子園で見れんのは残念やけど、これからが楽しみな選手なのは間違いない。すごく柔らかいバッティングをするし、まだまだ良くなるよ。

 自分が監督をしとっても「欲しいな」と思えるものを持ってる。つまりプロ野球の志望届を出せば確実に複数の球団が獲りに行くやろう。

 そのままプロ入りするのか、大学でレベルを上げてからプロを目指すのか、決めるのはあくまで本人やから、その気持ちを尊重するしかない。

 ただ、いくつかの観点から、オレは大学進学という選択肢も悪くないんじゃないかな、と思う。

 ピッチャーであれば、肩は消耗品、という側面もあるから、ある程度のレベルに達しているなら高校から即プロというのもええ。

 逆に高卒のバッターの場合、まずは木のバットに慣れるのに、時間がかかるからなあ。日本ハムの中田翔の例もあるやろう(中田は高卒1年時に木製バットに対応できず左手を骨折)。

 大学どうこうは置いといても、今後どういう進路を選ぶにせよ、金属バットはこれで終わりやから、これからはまず、体力を落とさんように、母校で後輩たちと練習を続ける。そこでは木製バットを必ず持つこと。こういうのが大事になってくるよなあ。

 来年すぐにプロ、いうてもポジションの問題もある。木製に不慣れだったとしても、周囲は大注目するからなあ。最初にそこでつまずくと、焦りも出てくるから。

 総合的に清宮という選手を見れば、まだ守備や走塁ももっともっとやらなあかんし、木のバットに慣れる時間も必要。そういう準備をしっかりして、4年後に本物の即戦力としてプロ入りというのも悪くない。