開幕3連戦を東京ドームの記者席で見たんやけど、やっぱり不思議な感じがしたよな。そらもう、現役の時から監督時代も含めて開幕カードというのは満員のお客さんの前でやるもんやったからな。でもこれは3月のオープン戦でも感じたことやったけど、ボールが飛んでる感じがするんよな。

 東京ドームで出たホームランも全部、打った瞬間やからな。ものすごい打球音が響くこともあるかもしれんけど、やっぱり空気が軽いというか澄んでる感じがしたんよ。お客さんが入らないことで空気が乾燥しているというか、カラッとしているというか。原理的には湿気がない方が、ボールは飛ぶんやから。今回の東京ドーム、3月のペイペイドームは外気に触れないから、明らかに飛ぶなという印象があったんよな。

 あとは無観客ということで巨人側がチャンステーマのテープを流しとったりはしたんやけど、あまりホームとビジターの差というのは感じんよな。両チームとも条件は一緒なんやけど、打って守備についても、いつもならファンの大声援があるやんか。それがないということで選手のモチベーションがあんまり上がらんのかなという心配はしたよな。

 やっぱりファンの方に応援してもらうというありがたさを感じた3試合よ。また神宮でも実況のことが話題になってたんやけど、東京ドームでもスタンドレベルはよう声が聞こえてた。それがグラウンドまで届いているかどうかは分からんけど、まあ、選手は打席に入ったら聞こえんくらい集中しとるやろうからな。

 とにかくいろんなことが不思議な感じやった開幕カードやな。きょうのNPBの会議で7月10日からお客さんを球場に入れるという発表があったんやけど、チケットの売り方とか、席の座り方とか、どうするんやろ。

 やっぱりファンあってのプロ野球やから。今年中に満員の球場でプレーするというのは難しいかもしれんけど、一日も早くその日に向かってほしいな。