「中日6−3阪神」(1日、ナゴヤドーム)

 阪神・ボーアの四回の走塁について指摘したい。2死一塁から一、二塁間へのゴロを放った際、阿部が捕球した時に速度を緩めて全力疾走を怠っていた。一塁送球がそれて慌てて再加速していたけど、内野安打になればさらにチャンスが広がるという状況を考えれば、あり得ない走塁だ。

 まだ開幕11試合目。しかも、チームは負けが込んで波に乗れていない現状。そういった状況でああいうプレーが出ると、チームの雰囲気はさらに悪くなる。

 去年は新体制1年目で新鮮だから、結果が出やすい環境ではあるんだよね。でも2年目になると、いい意味でも悪い意味でも、慣れが生まれてくる。ボーアは来日1年目だけど、あの走塁はベンチの雰囲気がそうさせたところもあるのではないかと感じる。

 今こそヘッドコーチが嫌われ役になって、口を酸っぱくして小言を言い続けること。チームの雰囲気を引き締めるのがヘッドコーチの役目。監督の仕事じゃない。ヘッドコーチはどんどん選手から嫌われましょう。