「阪神3−7オリックス」(3日、甲子園球場)

 阪神は攻撃で痛いミスが出てしまった。同点の七回無死一塁で、代打・熊谷が送りバントを失敗。重圧がかかる場面だが、彼の立場を考えれば、1軍の絶対的なパーツとして戦うためにも、決めてほしい場面だった。

 2ボールからの3球目は、本来なら上から下に操作しなければいけないバットが下から上へ動いて失敗。さらに重圧がかかった4球目は先に当てようとして捕邪飛となった。

 一走は俊足の中野で、一塁・T−岡田は一塁ベースに付いていた。多少強くても一塁方向に転がせば成功する確率が高い。冷静に状況判断すれば、決められる確率は高かっただけに痛い失敗だった。

 チームとしてもバント失敗が続いている。普段から練習は必要だが、シーズンを見れば変な連鎖が起きることはある。誰かがきっちり成功させて流れを断ち切ってもらいたい。

 アルカンタラは来日最長の7回を投げて3失点。同点の七回2死一、二塁で吉田尚に3−1から内角直球を2球続けて三邪飛に仕留めるなど、配球面で梅野が引っ張ったことが大きかった。